美肌治療の最新情報を配信するサイトのメインビジュアル

肌悩みに合わせて選ぼう!美肌におすすめなスキンケア成分と美容医療

美肌になるには一人一人に合ったスキンケア方法や有効成分の使用が重要になります。セルフケアに限界を感じたら美容医療の力を借りるのも一つの手です。まずはカウンセリング無料のクリニックに相談してみましょう。

美肌とは

美肌とは
あなたは今、自分の「」に自信ありますか?
肌は人の第一印象を左右する重要な要素の一つです。

 

顔の造形美に対する価値観は、流行や個人の好み、国、時代など人によって全く異なります。

 

しかし、「美肌」に関する価値観やイメージ、印象というのは、国境も人種も性別も年齢も関係なく、一貫しているはずです。
肌がきれいな人を見て不快に思う人はまずいないでしょう。

 

肌が美しいだけで、
清潔感がある
健康的である
若く見える
しっかりしている
など、確実に好印象を与えることができます。

 

きめ細かい美肌とは
さて、そもそも、「美肌」の定義とは何でしょうか。

 

一般的には美肌とは、「肌がきめ細かく、潤いがあり、透明感があり、肌トラブルが少ない、健康的で輝きある肌」の状態を指します。
赤ちゃん~小学低学年くらいまでの子供の毛穴もトラブルも何もないすべすべの肌をイメージすると分かりやすいでしょう。

 

 

しかし、時は残酷なもので、人間は加齢・環境・ストレス・生活習慣などでどんどん肌は劣化していきます。

 

コロナ禍のマスク生活や運動不足、ストレスなどにより、肌荒れを始めとする肌悩みを抱える人が急増しました。
また、リモート会議やオンラインの普及により、画面越しの自分の顔を見る機会が増えたことでこれまで美容に無関心だった方や男性、高齢層も自分の顔や肌を気になる人が急増しました。

 

本サイトでは、自分の肌に自信を持てるよう、日頃のケアから、クリニックでの治療まで美肌に関する様々な情報を発信していきたいと思います。

 

美肌に性別も年齢も関係ありません!
美肌の努力は裏切らない!

 

まずは肌悩みの種類とその原因を知り、適切な治療法を一緒に学んでいきましょう!

 

みんなの肌悩みを大調査!

肌悩みと一概に言っても、性別や年齢によって異なります。
まずは、男女別に10代から50代の肌悩みTOP5を見ていきましょう。

 

女性の肌悩みトップ5

 

男性の肌悩みトップ5

 

引用元

【東京イセアクリニック(医療法人社団心紲会)】より
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000026711.html

 

全体的に見ると、女性はメイクをする人が多いことから、毛穴やシミなど化粧でカバーをしにくい悩みがトップになっていることが判明しました。

 

そして、どちらも10代20代の皮脂分泌が活発な時期にはニキビに悩まされる人多いことがわかりますが、女性が次第に皮脂分泌が落ち着き、むしろ乾燥によって引き起こされるシワやシミ悩みが増える傾向にあります。
肌に悩む男女
反対に男性は、年齢を重ねても皮脂分泌がなかなか衰えず、30代になってもニキビやニキビ跡に悩まされる人が多いようです。
また、男性は毎朝(人によっては夕方も)のヒゲ処理によるカミソリ負けは全年代を通して悩んでいる人が多いことがわかりました。

 

では、このような肌悩みを解決する方法はあるのでしょうか。

 

スキンケアの選び方

肌に合ったスキンケア選び
皆さんは毎日どのようなスキンケアを行っていますか?

 

現在は、ドラックストアやバラエティショップ、通販などで販売されている基礎化粧品の質が非常に良くなっており、デパコス含まれている成分がプチプラコスメに含まれていることあります。

 

ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、ナイアシンアミドなどなど・・・・

 

とはいえ、様々な有効成分が市場に出回っており、何が自分に合うのか、改善できるのか、選ぶのも一苦労です。

 

なんとなく肌に良さそう」
有名人が使っているから」
バズってるから」

 

そんな理由でなんとなく選んでいませんか?

 

同じ人が一人としていないように、同じ肌を持った人はいません。
親兄弟でさえ、肌質は一人一人異なります。

 

そのため、美肌になりたいなら、まず自分の肌を知り、原因を知り、有効な成分を知り、自分の肌に合うかどうか試行錯誤しなければなりません。

 

厳しいようですが、努力なくして美肌は叶いません
以下にてどのような有効成分があるのか見ていきましょう。

 

肌悩み別おすすめの有効成分

肌悩み別おすすめ有効成分
肌悩みに有効な代表的成分を一覧にまとめました。
スキンケア選びの際には、有効成分が含まれているかを参考に選ぶようにしましょう。

 

ニキビ・吹き出物
  • サリチル酸
  • ベンゾイル過酸
  • アザライン酸

これらは皮脂や毛穴の詰まりを解消し、炎症を抑える働きがあります。

 

シミ・くすみ
  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン

ビタミンCはシミの予防や軽減に役立ち、ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制してシミを薄くする働きがあります。

 

乾燥
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

保湿成分が重要になります。肌の水分を保ち、乾燥を防ぎます。

 

シワ・たるみ・毛穴
  • ナイアシンアミド
  • レチノイド(レチノールやレチノイン酸)
  • ペプチド
  • ビタミンA

これらの成分はコラーゲンの生成を促進し、肌の弾力性を保つ働きがあります。
ただし、レチノールは光に敏感になり、日光による刺激やダメージを受けやすくなります。レチノールを含む製品は主に夜のみ使用する方が安全です。

 

ただし、肌質や個人の特性によって、成分の効果や合う合わないが異なることもあります。
新しい製品を試す際には、フルボトルや一新するのではなく、トライアルサイズで試したり、1アイテムずつ変えてみたりなどで肌の反応を確認することが大切です。
中には、日中使うと良くない成分や組み合わせると悪化させる成分もあります。
スキンケアだけで症状が改善されない場合には、自己判断せずに、専門の皮膚科や美容皮膚科に相談するようにしましょう。

 

また、正しいスキンケア方法も重要です。
今一度自分の手入れ方法が正しいか、確認してみてください。

 

正しいスキンケア方法→

 

美容医療とは

美容医療とは
スキンケアは肌の状態を改善し、健康的で美しい肌を維持するのに非常に重要ですが、その効果には限界があります。
例えば、遺伝的な肌質や毛穴の大きさ、そばかすや、できてしまったシミ、深いシワやたるみなどはスキンケアだけではどうすることもできません。

 

そこで頼りになるのが、「美容医療」です。

 

最近耳にする「美容医療」という言葉。
似たような言葉に、「美容皮膚科」があります。
美容医療と美容皮膚科は、外見や美しさを改善するための医療の分野ですが、それぞれ異なる側面を持っています。

 

その違いを簡単に説明すると、

 

美容医療は、「外見の改善に焦点を当てた医療全般」を指します。
これには形成外科、皮膚科、美容整形などが含まれ、美容医療は外科的な手術や非外科的な処置、ボトックス注射やヒアルロン酸注入などの治療法も含まれています。
また、脂肪吸引や豊胸手術など、身体の形状を変える手術も美容医療の一部です。

 

一方で、美容皮膚科は、「皮膚に関する美容的な治療を専門とした医療分野」のことです。
皮膚の健康を保ちながら美しい肌を実現することに重点を置いているのが特徴で、シミやしわの治療、ニキビや肌のトーンの改善、レーザー治療、化学ピーリング、レーザー脱毛などが美容皮膚科の範囲に含まれます。

 

つまり、美容医療は外科的な手術や非外科的処置を含む医療全般を指すのに対して、美容皮膚科は美容的な皮膚治療専門の医療を指すということです。

 

詳しくは後ほど解説しますが、たるみやシワの改善にはボトックス注射やヒアルロン酸注入などの治療を行う場合があるため、当サイトでは、「美容医療」としての治療を前提でしていきます。

 

美容医療をもっと知りたい!という方はぜひこちらの記事をお読みください。

一般皮膚科・美容皮膚科・美容医療の違い→

 

肌悩み別おすすめの美容医療

美容医療は、美容や外見の改善を目的とした医療のことを指し、範囲がかなり広いです。その中でも、先ほど挙げられた肌悩みの解決におすすめの治療法をご紹介します。

 

ボトックス注射

(悩み:シワ)
表情じわ(いわゆる小じわ)を改善・予防に効果的です。
筋肉を一時的に麻痺させることでシワを作りにくくさせるのでシワの軽減に役立ちます。
クリニックや部位、量にもよりますが、値段も数千円から受けられることが多いので、初めの方にもおすすめです。3ヵ月ほどで効果が切れるので、効果を維持したい、もっと改善したいという方は定期的なメンテナンスが必要です。

 

ヒアルロン酸注入

(悩み:シワ・たるみ)
顔のボリュームを調整し、シワやたるみを改善するのに有効です。
あらゆる部位に使用でき、量の調整もできるため、使い勝手が非常に良い治療法です。
おでこや頬のボリュームを出すことでシワやたるみに効果がありますが、こちらもボトックス同様、時間の経過とともに体内に吸収されてしまうので、継続の必要があります。

 

レーザー治療

(悩み:シミ・毛穴・くすみ)
皮膚の色素沈着やシミ、毛穴の引き締め、肌のトーンを均一にするために使用されます。シミの種類や症状別に適切なレーザーが利用され、幅広い肌悩みに対応しています。
老人性色素斑に対するシミ取りレーザーはダウンタイムが少々あるため、治療計画を立てる必要があります。
内服薬や外用薬を併用すると、より早い効果の実感と改善が期待できます。
値段は1万円~数万円まで幅広いので、予算も併せて相談するようにしましょう。

 

ケミカルピーリング

(悩み:ニキビ・ニキビ跡・シミ・シワ・くすみ)
皮膚の表面を薬剤で脱皮させ、新しい肌細胞を露出させることで、シミやニキビ跡の改善、肌質の向上が期待できます。
一般販売されているピーリング剤でははがしきれない深い部位の角質や皮膚を医学的安全にピーリングすることであらゆる肌トラブルの改善が見込める、最もポピュラーな治療法です。

 

一般皮膚科でもニキビ治療の際、自費診療になりますが勧められることも多いです。
肌トラブルの多くは、新陳代謝の悪化によって溜まった古い角質が原因であることが多いため、定期的なケミカルピーリングで様々な肌悩みの改善と予防が期待できるでしょう。
クリニックによりますが、1回約5,000円前後のため、続けやすい治療の一つです。

 

イオン導入

(悩み:ニキビ・ニキビ跡・シミ・シワ・くすみ)
イオン導入とは、微弱な電流を使ってスキンケアでは入らない肌の奧まで有効成分を浸透させる治療法です。
イオン導入によって有効成分をより深く肌に浸透させることができるため、肌の状態を改善し、保湿や栄養補給を促進することができます。
導入する有効成分は、肌悩みによって選択できることが多く、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、グロスファクターなどが人気です。

 

ケミカルピーリングと合わせて行うと浸透性が高まるため、セットで行うことがおすすめです。
こちらも価格は5,000円ほどなので、学生や主婦などでも続けやすいでしょう。

 

美肌は一人一人に合った治療法を

最適な肌治療で輝く美肌へ
美肌は誰かの真似をすれば手に入れられるものではありません。
みんな顔形、生活スタイルが違うように、肌も人によって異なります。

 

肌悩みは、加齢だけでなく、生活習慣や食生活、スキンケア、ストレス、環境などにも大きな影響を与えます。

 

  • 社会人になった途端ストレスでニキビがたくさんできるようになった。
  • 甘い物ばかり食べてたら肌がくすんできた。
  • 妊娠を期にシミができた、増えた。
  • 煙草を吸い続けてたらシワができてきた。

などなど・・・

 

食事も睡眠も運動も頑張っているのに肌悩みが改善しないという方は、実はスキンケア選びや方法が間違っているのかもしれません。
自分に合う有効成分選びとスキンケア方法を見直してみましょう。

 

美容医療も選択肢の一つ

スキンケアだけではどうしても改善が難しいと感じた場合には、多少お金はかかりますが、美容医療の力を借りるのも手です。
一回で効果を得ることが難しいかもしれませんが、2回、3回と受けていくうちに「なんか最近きれいじゃない?」「調子がいいんじゃない?」というナチュラルな改善が期待できます。日々のスキンケアと並行して肌質に適した治療を行うことで、より一層美しい肌に近づくことができますよ。

 

クリニックによっては使用するレーザー機器や治療方針が異なるため、自分に合った治療を行えるかも重要なポイントです。
相談無料のクリニックも多いので、まずはカウンセリングで専門医による肌状態のチェックと適切な治療アドバイスを聞いてみましょう。

 

値段や治療内容を複数比較し、納得・信頼できるクリニックを見つけてみてくださいね。